二重の整形方法 | フォトフェイシャルの施術は評判を見てから決めてみよう!

フォトフェイシャルの施術は評判を見てから決めてみよう!

二重の整形方法

お薬手帳

二重整形の方法には、「埋没法」「部分切開法」「全切開法」があります。それぞれ、どのような整形方法なのでしょうか。
埋没法には2通りあります。
一つは末広方です。日本人のまぶたに合うといわれています。控えめですが、すっきりとした印象です。ナチュラルメイクをしたい方に向いています。
もう一つは奥二重です。奥二重は一見すると一重のようですが、まぶたの奥に二重が隠れています。奥二重の程度によって印象が変わります。
埋没法は糸を縫う手術をします。メスを入れないため腫れが少ないです。抜糸は必要ありません。また低価格で受けることもできます。しかし、ダウンタイムが必要になります。
部分切開法は埋没法ですっきりしたまぶたを作れない方や、縫合していた糸が切れて一重に戻ってしまう方に向いている整形方法です。
局所麻酔をしてまぶたの表面に1~2cmほどメスをいれ、まぶたの厚みがある部分や糸が切れてしまう部位を処理して縫い合わせていきます。切開する部分は少なく、目の腫れは比較的短期間で治まります。
全切開法は、まぶたが厚く腫れぼったい方、幅の広いまぶたを手に入れたい方に向いている整形方法です。
全切開法では、二重にしたい線にメスで切れ込みを入れて、余分な組織やまぶたの厚みの原因になっている脂肪を取り除き、縫合をして二重を作ります。希望するような形で二重の線をいれるので、くっきりとした二重を作ることができます。腫れぼったい目元やまぶたの厚みも解消できます。