膣圧のトレーニング | フォトフェイシャルの施術は評判を見てから決めてみよう!

フォトフェイシャルの施術は評判を見てから決めてみよう!

膣圧のトレーニング

茶色い顆粒の入ったカプセル

自分の膣圧がどれくらいなんか知っている人は少ないはずです。パートナーに膣のゆるさを指摘されて、初めて知った方もいるのではないでしょうか。
膣圧が弱まる原因として考えられるのは、出産で膣がゆるくなっている、加齢で膣の筋力が落ちていることです。この場合は膣トレで膣圧を改善できます。
膣トレはテレビを見ながら、お風呂に入りながらなど簡単にできます。
立って膣トレをする場合、脚は肩幅に開きリラックスをします。その状態から息を吸いながら5秒かけてお尻の穴に力を入れるようにして膣を締め上げます。限界にまで達したらその状態で5秒をキープ。次に5秒かけて息を吐きながらゆっくりと力を抜いていきます。これを数回繰り返します。立ったままの膣トレは、電車の中で、お皿洗い中になど、いつでも実践しやすいです。
座って行う場合は、背筋を伸ばせる椅子に座ってください。ソファーは体が沈んでしまうので、膣トレをするには向いていません。座骨を椅子に対して垂直に立てるように座り、立って行うときと同じ要領で行います。背筋を伸ばすときには、頭のてっぺんを糸で釣り上げられていることをイメージしてみましょう。ピンと背筋を伸ばしやすくなります。
力のいれ方がわかりにくいときは、股に丸めたバスタオルやクッションを挟むとやりやすいです。
膣トレによって血流がよくなるので、生理痛対策として期待できそうです。お風呂に入っているときは血流がよくなるので、入浴中に膣トレをするのもよいでしょう。